インプラントIMPLANT

「第3の歯」と呼ばれるインプラント

永久歯を失ったときに行う欠損治療の方法の一つに、「第3の歯」と呼ばれるインプラント治療があります。インプラントは天然歯と構造が非常に近く、歯肉の下に隠れている「歯根」と歯茎の上に見えている「歯冠」を人工的に作り、顎の骨の中に埋め込み機能させます。天然歯の替わりとして、審美性・機能性ともに高いインプラントは多くの患者様に喜ばれています。

ICOI(国際インプラント学会) 診査委員・認定医・指導医によるインプラント治療

ICOI(International Congress of Oral Implantologists)は1972年に設立された国際的な口腔インプラント学会であり、本部は米国ニュージャージー州に置かれています。すべての患者様によりよい歯科治療を提供するため、歯科医療従事者のインプラント教育に努めており、世界最大規模のインプラント学術団体です。
院長の井上はICOIの診査委員・認定医・指導医を務めており、安心してインプラント治療を受診して頂けます。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントの大きな魅力は、何と言っても審美性の高さです。見た目が天然歯とほとんど変わらず、自分からインプラントだと言わなければ気付かれることはほとんどありません。他の治療法と比べても、例えばブリッジは両隣の歯を削る必要がありますが、インプラントは他の歯に一切ダメージを与えずに植立することが可能です。噛む力も天然歯の咀嚼力の約80%ほどあり、入れ歯では上手く噛めないというお悩みをお持ちの方も、インプラント治療によって解消することができます。
デメリットとしては、自費診療のためどうしても費用は高額になってしまいます。ただし、インプラントは耐久性にも優れており、きちんとメンテナンスを行えば10年、20年とインプラントは長持ちします。治療後は日頃から念入りなケアを続けることが前提になりますが、インプラントには高いお金を払う価値があるとの見方も十分にできると思います。

インプラント治療の流れ

問診

はじめに患者様からお口のお悩みや治療に対するご希望などをお伺いします。インプラントに関するご質問や不安な点も、遠慮なさらずにお話しください。

診査・治療計画の立案

インプラント治療に必要な検査を実施し、お口の中がインプラント治療が可能な状態か、どの方法が患者様にとって最適であるかを多角的に診査・診断します。治療計画を立てたあとは、患者様に分かりやすくご説明いたします。

フィクスチャーの埋入手術

顎の骨の中に埋め込む人工歯根(フィクスチャー)の埋入手術を行います。局部麻酔を用いた手術になりますので、痛みを感じず処置を受けられます。

治癒期間

骨とインプラントがしっかりと結合されるまで、個人差はありますが、だいたい1ヶ月~半年ほどの治癒期間を設けます。期間中は仮歯を入れて過ごしていただくこともございます。

アバットメントの連結

人工歯(上部構造)の支台となり、人工歯とインプラントを連結するためのアバットメントを取り付けます。

人工歯の装着

ここでお口全体の歯型を採り、見た目や噛み合わせのバランスを考えながら、人工歯を作製します。その後、アバットメントに人工歯を装着して治療は終了です。

メンテナンス

治療後は、インプラントをなるべく長く使用するために、定期的なメンテナンスとご自宅での適切なブラッシングが不可欠となります。半年に一度は歯科医院に足を運び、現在の状態をチェックしながら歯の健康を守りましょう。

症状に合わせたインプラント治療例

患者様のお口の状態はもちろん、どの部分の歯を何本失ったかによっても、治療方法は変わってきます。残存歯や歯茎に負担をかけることなく、元々あった歯に近い働きができるように治療計画を検討します。

歯を1本失った場合

ブリッジの場合は健康な歯を削る必要がありますが、インプラントの場合は1本のフィクスチャーを欠損部に埋め込むため、治療によって周囲に影響を与えないのが大きな違いです。患者様のお身体を極力傷つけない、低侵襲の治療を実現することができます。

歯を数本失った場合

従来の方法では部分入れ歯で対応することも多かった症例ですが、インプラント治療においては、数本のインプラントを安全な場所に埋め込んで対応します。部分入れ歯特有の金属のバネがなくなるため、違和感が少なく目立つこともないメリットが得られます。

歯を全て失った場合

全歯欠損のケースでは、多くの方が使いにくさやストレスを感じながらも総入れ歯を使用しなければなりませんでした。しかし、医療技術の発達によってインプラント治療が誕生してからは、しっかりと固定されたよく噛める歯を手に入れることができるようになっています。

インプラント学会認定医が診療を担当します

院長の井上は、ICOI国際インプラント学会・GOIAインプラント学会の認定医資格を保有しています。歯科医療従事者としてより良い歯科治療の提供に努めるとともに、インプラント治療の教育者として正しい知識・技術の普及に注力する世界的な学術団体で、日本人の資格取得者は非常に少数となっています。大きな団体ゆえに常に世界規模で技術情報の共有を行っており、当院でも高水準のインプラント治療ができる人員・環境が整っています。インプラント治療における臨床実績も豊富にございますので、患者様である皆様には、是非安心して治療を受けていただければと思います。

歯科用CTを完備

歯科用CTではレントゲン写真を3次元的に構成することができ、顎の骨の断面や厚み・高さなど、インプラント治療を行う上で最も重要な情報を詳細に得ることが可能です。正確な診断のもと、事前に専用ソフトを使って綿密なシミュレーションを行えるため、実際のインプラント埋入処置の時間短縮にもつながります。他にも歯根の形状や曲がり具合、先端にできた嚢胞の大きさ、神経や血管の位置なども把握することができ、幅広い歯科治療において、CTは治療の安全性の向上に大きく貢献しています。また、撮影した画像をモニターに映して患者様にお見せしながら、手術の必要性・治療の妥当性を分かりやすくご説明できる利点もあります。
当院はドイツのカボ社製歯科用CT「KaVo 3D eXam」を導入しています。数あるCTの中でも被爆線量が少なく画質レベルが高いのが特徴で、骨密度がある程度数値となって表示されるため、インプラントの埋入位置・角度を決定する際にこの機能が役に立っています。

Contact

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 046-264-3889

井上歯科医院 INOUE DENTAL OFFICE

〒242-0016 神奈川県大和市大和南2-7-33
大和駅(小田急側改札口)徒歩2分

診療時間  
10:00~13:00 - -  
14:30~19:00 - -  

※土曜日は17時まで 休診日:木、日曜日
最終受付は1時間前となります。