井上歯科ブログBLOG

2020年1月29日 (水)

カテゴリー :

電動歯ブラシについて

電動歯ブラシの選び方とメリット・デメリット 

今回は患者様より良く質問を頂く、電動歯ブラシについてお話ししたいと思います。

 

まずは、電動歯ブラシの選び方ですが、いま世の中には安価なものから高価なものまで様々な

電動歯ブラシがあります、そしてどの歯ブラシも「これは良いですよ!!」と言って売り出してます。

その中から自分に合ったものを選ばなければいけません。

 

電動歯ブラシは大きく分けて、振動するタイプと、回転運動するタイプに分けられます。

それぞれに利点と欠点がありますので、理解して使用すると非常に効率的に使えますが

使い方によっては効果がうまく出なかったり、かえって歯や歯ぐきの状態を悪く

してしまう事もあります。

たとえば、回転運動する電動歯ブラシは、凸部の汚れを除去するのには非常に効率的ですが、

歯と歯の隙間や歯が重なっている部分などは少し苦手です。少し向きや当て方を変ると効果的です。

振動する電動歯ブラシは磨いている感覚が少し物足りなく感じてしまうため、通常の歯ブラシの様に

動かしてしまいがちです。

回転するタイプも振動するタイプも歯を1本づつ、磨くつもりでやる方が良い結果がでます。

次に、電動歯ブラシのメリット・デメリットも知っていただきたいと思います。

単純に歯ブラシをするにあたって、仕事の効率が良いのは電動歯ブラシです!

みなさんが電動歯ブラシを使用する理由として多いのは、「短時間で全体的に磨けるから」

という事ではないでしょうか?

 

例えば朝の忙しい時に、手動ブラシで「ザーッと磨いて3分で終わり!」よりは

 電動歯ブラシで3分全体を磨く方がずっときれいにできます。

ただ、それを毎日・毎回というのはお勧めできません

なぜかというと

電動歯ブラシだけでは届かないところに汚れが残ったままになるからです。

歯と歯の隙間や重なっているところなどは、回転や振動すると歯ブラシの毛先は

入りにくい場所と言えるでしょう。

こういった磨きにくい部位は通常の歯ブラシを使う方が上手く磨けることが多いですし、

歯間ブラシや糸ようじなどを使用するとさらに綺麗することができます。

以上の理由により手で磨く歯ブラシもやはり重要な役割を果たしているのです

 

例えるのであれば、体が疲れた時などにマッサージチェアに座って体全体をマッサージするのと、

プロのマッサージ師に悪いところ、凝ったところなど細かく体の状態を診てもらいながら

マッサージを受けるというくらいの違いがあります。

ということで、電動歯ブラシを使用するにしても基本的な歯ブラシの当て方、磨き方が

手動歯ブラシでできていなければ効果半減というわけです。

 

電動歯ブラシも手動歯ブラシもそのほか歯間ブラシなどもすべて歯を磨くための道具です。

道具だけいくら良い物をそろえてもそれらをうまく使いこなせなければ意味がありません、

そのためには練習が必要です。

 

どの歯ブラシが良いのか迷ったり、使い方に関してはかかりつけの歯科医院に

ご相談されると良いと思います

 

当医院では歯ブラシの基本的な磨き方から、電動歯ブラシを実際に購入された方への

指導までしっかり患者様が納得されるまで説明、ご指導いたします。

 

当医院では、フィリップスのソニッケア(音波水流)をおすすめしております

医院にはデモ機もご用意しておりますので、来院時に実際にお試しいただき使用感を体感できます。

最後にまとめると、、、

まずは手動歯ブラシの当て方をマスターしたうえで使っていただくことで

                   より良い電動歯ブラシの使い方ができるということです。

電動歯ブラシの利点と手動で磨くハブラシの利点をうまく取りえると効果がよりでますので

結局のところ、良いとこどりが一番良いかもしれません。

 

長くなりましたが、少しでもみなさんの良い歯ブラシ選びや

使用方法の疑問解消のお役にたてたらと思っています。

Contact

お問い合わせはお気軽にどうぞ TEL 046-264-3889

井上歯科医院 INOUE DENTAL OFFICE

〒242-0016 神奈川県大和市大和南2-7-33
大和駅(小田急側改札口)徒歩2分

診療時間  
10:00~13:00 - -  
14:30~19:00 - -  

※土曜日は17時まで 休診日:木、日曜日
最終受付は1時間前となります。